Top of kasahara-ruriko.com


ボタン_紫ガラス_Blog.png


ボタン_オレンジガラス_Mail.png

News

  ◆ 2013.01.01    月刊ぷらざ新連載★エッセイ「すべったりころんだり、たまに救われたりたり」スタート!


  ◆ 2012.10.31    月刊ぷらざ誌面「浪花の何話」バックナンバー追加(TOPページ下部)

  ◆ 2012.05.31    月刊ぷらざ誌面「福田ヨシの生涯 3回公演とも大入り満席で感謝と感動の幕!」

  ◆ 2012.04.29    「福田ヨシの生涯」関係者各位、観客のみなさまへのお礼

  ◆ 2012.04.22    演劇「“楠を守った賢女”福田ヨシの生涯」公演終了

  ◆ 2012.04.21    演劇「“楠を守った賢女”福田ヨシの生涯」公演スタート!

◆月刊ぷらざ誌面紹介 エッセイ「すべったりころんだり、たまに救われたりたり」

ep25.jpg
ep24.pdf
ep23.pdf
2x.pdf
21.pdf
20.jpg
19-R.pdf
18.pdf
17.pdf
16.pdf
15.pdf
kasahara essay14.02-2.pdf
essay14.01_saisyu.pdf
kasahara essay13.12-saisyu.pdf
kasahara essay13.11-2.pdf
kasahara essay13.10-3.pdf
kasahara essay13.09.pdf
kasahara essay13.08-2.pdf
kasahara essay13.07-2.pdf
kasahara essay13.06-2.pdf
kasahara essay13.05-2.pdf
kasahara essay13.04-2.pdf
kasahara essay13.03-2.pdf
taritari-out.pdf
kasahara.pdf

【福田ヨシの生涯】関係者各位、観客のみなさまへのお礼。

話題にスポット12.jpg月刊「ぷらざ」誌面

 4月21日22日の両日、佐賀市文化会館中ホールにて【福田ヨシの生涯】公演が催されました。3回の公演とも満席になり、舞台と客席が一体になれましたことを、ブログ上ではありますが心より感謝申し上げます。まず、私が一番に申し上げたいことは、この公演は、誰一人欠けても成せなかったものだと感じております。
 脚本の依頼を受けてから、福田ヨシさんを詳しく調べていくうちに、私が書くのなら、どこに接点があるのかを考え続けました。なぜなら、書き手は、やはり人物に惚れ込まなければ情熱を注ぎ込めないと思っていたからです。

 私が福田ヨシさんのどこに心惹かれたところは、正義感とまっすぐに自分の気持ちを行動に移すところです。特に、私が一番に着目したところは彼女の信仰心でした。なので、私の感じ入るヨシの考え方を、台詞を通して随所に書かせて頂きました。

 この舞台はトータル三時間にも及ぶ長編になりましたが、新聞記者とカメラマンの狂言回しによって、舞台の背景が分かり易くなったかと思います。舞台の前半は、ヨシさんのおいたちについて焦点を当て、後半は、ヨシの心の動きが見えるように持っていきました。ヨシさんを取り囲む人物である、ミツやキク、お熊、そして牛島国枝、身寄りのない親子は、その当時の女性のさまざまな生き方を表現する重要な役割でした。わかば寮のシーンで登場した下村湖人、中島哀浪、高田保馬、北島マルボーロ(香月)は、佐賀の歴史に名を残した人物であり、チョコレートのくだりで名前が出てきたグリコは佐賀県発です。これらは、佐賀県のアピールの為にも絶対に必要でした。

 和ませるために登場させた英語教師や、学生たち、中山五郎、選挙応援団、チンドン屋と可愛いい子役たちが舞台を盛り上げました。ヨシの亡き夫である正三は、ヨシへの愛情を描くために幽霊で登場させ、それとは対照的なものとして生きているがんがら乞食を登場させ、愛情とは何であるかを表現しました。

 楠木の伐採を依頼された業者は、ヨシの楠木を守りたいと思う気持ちと母が子を守る力強い心情を比喩的に表現できたかと思います。そして、当時の佐賀県知事であった鍋島直紹氏は、一人の人間であり、また国に仕える立場との葛藤を表現しました。また驚いたことに、現在の佐賀県知事である古川康氏が三回目の公演に登場して下さいました。予期せぬことでしたが、過去と現代を繋ぐ架け橋のような面持ちになりました。

 ヨシの娘である育子は、母を常に思いやり、またヨシの一番の理解者でありました。そして最後の死別のシーンは、誰もが経験する親族との別れです。それはまぎれもなく、親から子へ託す未来へのバトンタッチです。

 ここでスタッフや裏方のみなさまのお名前をすべて書くことはできませんが、実行委員のみなさま、関係者各位さまのご尽力に感謝いたします。また、演出担当の野本則之は、力の限り才能を見せてくれました。本当にありがとうございます。
 ご尽力下さいました堤惟義氏・坂田艶子氏・光武育子氏・吉村マサ子氏・福島幸典氏・事務局アート・ミュージック堂山寛氏・ぷらざ広報・浦原圭子氏・各メディア関係の方々に感謝申し上げます。

SP2012042199000038_-_-_CI0002.jpg写真:佐賀新聞社より

Information

演劇・楠を守った賢女(さかしめ)
"福田ヨシの生涯"4月21、22日公演

wadai_fukudayoshi12.03-2.pdf福田ヨシ誌面(B.pdf


 佐賀県の県木である楠の木を伐採の危機から身を挺して救い、今日の楠の大群へと栄えさせた功労者であり、母子家庭の生活向上に奮闘。「楠おばさん」と呼ばれ、佐賀県初の女性県議会議員となった、福田ヨシ。命をかけて人のため、佐賀県のために生きた彼女の生涯がついに演劇の形で顕彰されます。

脚本:笠原瑠璃子 演出:野本則之



福田ヨシおもF=$@53ol.pdf福田ヨシうら$@52ol.pdf

◆月刊ぷらざ「浪花の何話」バックナンバー

naniwa12.12.pdf色彩、明暗、形態知覚の分野で世界レベルの研究成果。
naniwa12.11-2.pdf日本の発展と共に、自動車業界で歩まれた新宮氏にインタビュー。
naniwa12.10.pdfシェイクスピア研究の筒井先生が文学を通して思っていること、その楽しみ方。
naniwa story12.09-2.pdf剣道世界選手権団体優勝を遂げた剣士が語る「武道」。
浪花ストーリ_12_08.pngBMXナショナルチーム日本代表の自転車メカニックとして活躍。
naniwa_1207.jpg活躍中の女子バスケットボール選手2名にインタビュー。
浪花ストーリー12.jpgTVカメラマン毛利さんが語る、今までの道のりや海外生活について。
naniwa12.05-saisyu.pdf目標、目的達成のためのコンサルテーションに注力する企業。
naniwa story12.04-saisyu.pdf神社、寺院を専門として活躍する建築家、清水建設の八木悠久夫氏。
naniwa story12.03-4.pdf都市圏鉄道、新幹線、駅ビル建設に長年携わられた星野鐘雄氏にインタビュー。
naniwa story12.01-2.pdf春日大社について、藤原氏の子孫である花山院宮司にインタビュー。
naniwa11.11-2.pdf大阪における佐賀県PRの拠点、佐賀県関西・中京営業本部について。
なにわ.pdf多彩な商品とサービスで次なるステージへ踏み出した多久製作所。
naniwa story11.10-3.pdf阪神・淡路大震災時の知事、貝原前兵庫県知事にインタビュー。
naniwa story11.09.pdf西本願寺では、浄土真宗の宗祖親鸞聖人の七百五十回忌法要が行なわれた。
naniwa story11.08-2.pdfNHK大阪放送局の地下には、飛鳥・奈良時代の宮殿跡がある。
naniwa11.12-saisyu.pdf大阪市の佐賀藩蔵屋敷から、佐賀藩特製の磁器「鍋島」が350点出土。
naniwa-01.pdf

ご挨拶

 数年、紙面でご一緒したカメラマンの久我さんと、
お花の写真のエキスパート・Jakkiさんと
HPでまたご一緒できることを嬉しく思っています。

エッセイスト 笠原瑠璃子 Ruriko Kasahara

ボタン_紫ガラス_紫文字タイプ.pngボタン_紫ガラス_ジャッキー.png

 このウェブサイトはエッセイスト笠原瑠璃子が企画し、フォトグラファー久我秀樹が編集、制作しました。サイト中に使用している写真は久我秀樹と花の写真のエキスパート、Jakki.Tが撮影したものです。